どこへ行こうが孤独な自分からは決して逃れられない。子豚航海士の孤独と苦悩を描いたショートフィルム「Juste De L’eau」

Carlos De Carvalho によるショートフィルムです。

大航海時代、青年航海士は社会で自分の居場所を見つけられず、航海の旅に出ます。長い大洋航海の後、港に到着すると、周囲は寄港を祝して喜びを分かち合います。一方青年航海士だけは、一人孤独の中にいるのでした。

via

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。